エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法

エックスサーバーを使用して、WordPress(ワードプレス)をインストールする方法について解説します。

エックスサーバーを使ってワードプレスをインストールするには、事前に『独自ドメイン』を取得し、ネームサーバーを設定しておく必要があります。

▶関連:エックスドメインで新規ドメインを取得しネームサーバーを設定する方法

WordPressを設置するサーバーとドメインの紐付け

エックスサーバーを使ってワードプレスをインストールするにはまず、事前に取得した独自ドメインをエックスサーバーに紐づける必要があります。

エックスサーバー(https://www.xserver.ne.jp/)のインフォパネルにログインします。

[aside type=”boader”] [/aside]

 

WordPressを設置したいサーバーIDのサーバーパネルに「ログイン」します。

[aside type=”boader”] [/aside]

 

サーバーパネルの「ドメイン設定」をクリック。

[aside type=”boader”] [/aside]

 

「ドメインの追加設定」タブから、取得した独自ドメインを入力し、「ドメインの追加(確認)」ボタンを押す。

[aside type=”boader”] [/aside]

問題がなければ、次の画面で「ドメインの追加(確定)」をクリックして紐付け完了。

ワードプレスをインストールする

ドメインとサーバーの紐付けが完了したら、ワードプレスをインストールしていきます。

①「設定対象ドメイン」が WordPress を設置したいドメインになっているかを確認し、
②「自動インストール」へと進みます。

[aside type=”boader”] [/aside]

 

「プログラムのインストール」タブから、WordPress日本語版を選択。
インストール設定へと進みます。

[aside type=”boader”] [/aside]

 

必要事項を記入していきます。(ここ重要!

[aside type=”boader”] [/aside]
  1. インストールURL:WordPressを設置したいドメイン名を入力
  2. ブログ名   :ブログ名を自由に設定
  3. ユーザー名  :WordPressのユーザー名を設定
  4. パスワード  :ユーザーのパスワードを設定
  5. メールアドレス:通知を希望するメールアドレスを設定

『ユーザー名』・『パスワード』はワードプレスにログインするために必要です。忘れずにメモしておくようにしましょう。

 

①〜⑤の項目を設定できたら「インストール(確認)」をクリックし、
次の画面で設定に問題がなければ「インストール(確定)」を押して完了です。

 

1時間前後で設定が完了し、ワードプレスの管理画面にログインできる状態になります。

■ログインURL:http://●●/wp-admin/

※「●●」の部分には、設定した独自ドメインが入ります。
※場合によっては、設定が完了するまでに1日以上かかることもあるようです。