【2018最新版】WordPressプラグイン『WordPress Popular Posts』の設定方法と使い方

『WordPress Popular Posts』とは、サイト内に人気記事をランキング表示できるプラグインです。

人気記事を導入する事でサイト内の回遊率が高まり、「滞在時間のアップ」や「直帰率の低下」につなげる事ができます。これらの指標はSEOにも効果的です。

それでは早速、『WordPress Popular Posts』の設定方法と使い方を説明していきます。

WordPress Popular Posts のインストール

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」の順に進み、検索窓に『WordPress Popular Posts』と入力します。お目当てのプラグイン(炎のようなアイコン目印)が出てきたら「今すぐインストール」をクリック。

インストールが終了したら出る「有効化」のボタンを押して完了です。

WordPress Popular Posts の設定方法

WordPressの管理画面から「設定」→「WordPress Popular Posts」と進む事で、プラグインのより細かい設定をする事ができます。

画面上部 [ 統計情報 | ツール | パラメータ ] のタブから操作できますが、ここはすべてデフォルトのままでも問題ありません

WordPress Popular Posts の使い方

『WordPress Popular Posts』は基本的に、サイドバーのウィジェットエリアで使用します。

WordPressの管理画面から「外観」→「ウィジェット」と移動し、”WordPress Popular Posts” のウィジェットをドラッグ&ドロップでサイドバーへ追加します。

デフォルトのままでもランキングは表示されますが、「タイトル」や「アイキャッチ画像」が設定されていると、よりサイト内の巡回率が高まります。

 

各項目については以下を参考にどうぞ!

[colwrap][col2][/col2][col2]≪タイトル≫
サイドバーに表示させる文言を設定できます。「人気記事ランキング」「よく読まれている記事」「Access Ranking」など。

≪最大表示数≫
ランキングの表示数を設定できます。3〜10がおすすめ。

≪ソート順≫
ランキングの基準を、「コメント」「総閲覧数」「1日の平均閲覧数」から選択します。

≪計測期間≫
ランキングの集計期間を設定できます。全期間、過去30日間など自由に選べます。

≪投稿タイプ≫
ランキングに表示する投稿タイプを選べます。postは投稿、pageは固定ページです。特定の記事のみ除外したい場合は、「除外する投稿ID」の欄に記事IDを入力。特定のカテゴリ・タグの除外は「タクソノミー」で設定。

≪投稿設定≫
ランキングに表示されるテキストと画像の設定ができます。

≪統計タグの設定≫
その他、ランキングに表示する内容を設定できます。

≪HTMLマークアップ設定≫
上級者向けですが、HTMLタグを使用したさらに高度な設定が可能です。[/col2][/colwrap]

 

以上、WordPressプラグイン『WordPress Popular Posts』の設定方法と使い方についてでした。

▶︎関連:【2018最新版】WordPressでサイト運営するなら導入必須!のおすすめプラグイン24