【完全版】WordPressを使ってサイトを作成する時の全手順

WordPressを使ってウェブサイトを作成するときの全手順です。

以下の手順に沿って、ウェブサイトの土台を作成していきます。

I. 独自ドメインの取得と設定
II. WordPressの設置
III. アクセス解析の導入
Ⅳ. 個別ページの作成

1つずつ、確実にこなしていきましょう。

【Ⅰ】独自ドメインの取得と設定

ワイドパインでは、サーバーは主に「エックスサーバー」を使用しています。なので、独自ドメインも同じ会社のサービスである「エックスドメイン」で取得するようにしています。

▶︎関連:エックスドメインで新規ドメインを取得しネームサーバーを設定する方法

【Ⅱ】WordPressの設置

ワードプレスのインストール

ブログソフトはWordPress(ワードプレス)を使用します。今や、世界中のウェブサイトの8割以上はWordPressで作られているとも言われている無料で高機能なソフトです。

▶︎関連:エックスサーバーにワードプレスをインストールする方法

 

ワードプレスをインストールしたら初期設定を進めていきましょう。設定は、以下の順番で設定する事をおすすめします。

  1. テーマ(テンプレート)のインストール
  2. ワードプレス管理画面の初期設定
  3. プラグインのインストール

①テーマ(テンプレート)のインストール

WordPressには「テーマ」と呼ばれる、サイトデザインを簡単に変えることができるテンプレートが存在しています。無料/有料のものがあり、サイトの見た目を変更するときに役立ちます。

▶︎関連:WordPress管理画面でテーマをインストールし有効化する方法

②ワードプレス管理画面の初期設定

WordPressの管理画面上で行う初期設定です。ping送信先やパーマリンクの設定などを行っていきます。

▶︎関連:WordPressをインストールした後のおすすめ初期設定

③プラグインのインストール

プラグインを導入することで、WordPressをより快適に使うことができます。プラグインは、スマホで言うところの「アプリ」のような存在。本体であるWordPressの機能を様々な形で拡張する事ができます。

▶︎関連:WordPressでプラグインをインストールし有効化する方法
▶︎関連:導入必須のWordPressプラグイン24

【Ⅲ】アクセス解析の導入

サイトの運営開始後に必須となる、アクセス解析ツールを導入しましょう。解析ツールには高品質で無料で使える『Google Analytics』と、こちらも無料で取得できる『Search Console』を導入します。

『グーグルアナリティクス』を先に導入しておくと『サーチコンソール』の登録がスムーズに行えます。

▶関連:グーグルアナリティクスの導入・設定方法
▶関連:サーチコンソールの導入・設定方法

【Ⅳ】個別ページの作成

サイト作成における最後のステップは、個別ページの作成です。『運営者情報』『プライバシーポリシー』『サイトマップ』はフッターに、『お問い合わせフォーム』はグローバルナビに設置していきます。

▶関連:【固定ページ】運営者情報の作成と設置
▶関連:【固定ページ】プライバシーポリシーの作成と設置
▶関連:【固定ページ】サイトマップの作成と設置
▶関連:【固定ページ】お問い合わせフォームの作成と設置