macを買った時の状態(初期化)に戻す方法

先日、渋谷のアップルストアで Macbook を買った時の状態に初期化してもらったのですが、平日にも関わらず大混雑していて、待ち時間込みで2時間ほど費やしてしまったので、二の轍を踏まないように、その時アップルの店員さんに教えてもらった方法をメモします。

(2017年5月時点、初期化の方法は全てのmac製品で共通です。)

Macbook初期化の全行程

PCを使い慣れない人にとって、初期化は難しそうなイメージですが、実は1時間もあればできます。しかも、その1時間のほとんどは、OSのインストールなどの待機の時間なので、実際にPCの操作をするのは、5分もいらないくらい簡単な作業です。

実際、アップルストアに持っていっても、「そんなに難しくない作業なので、次回からはご自身でやっていただいた方が…」と、やんわり上から目線で助言されるため、自分とアップル店員さんの時間を無駄にしないためにも、初期化は自分でやった方が良さそうです。

1. 電源OFFの状態で、電源を押したと同時に【Cmd + OP + R】を長押し

まずは、電源OFFにした状態で電源ボタンをONにし、それと同時に【command + option + R】を長押しします。しばらくすると、地球のマークが出るので、地球のマークを確認したらしばらく待機します。

2. PC内のデータを消去する

待機が終わると、言語を選択する画面になるので、日本語を選択して続けます。

次画面で出てくるメニューから、「ディスクユーティリティ」を選択し、左メニューの上から2番目の少し奥まっている部分(ここでは Macintosh HD だが、名前が違うこともあるので注意)を選択。上の「消去」タブから消去して完了です。

3. macOSを再インストール

データ消去の完了後、macOSを再インストールして終了です。

「ディスクユーティリティ」を終了し、Wi-Fi につないだら、メニュー画面で「macOSを再インストール」を選択します。

あとは画面に沿って手順を進めていき、macOS を Macintosh HD(名前が違うこともあるので注意)にインストールすればOKです。

再起動後、ふたたび言語選択画面になり、初期化完了となります。